続けられるまで

理系院生の記録

香港旅行記

2017年7月某日 

香港に行ってきた。学会参加のための訪問である。5日ほど滞在した。その様子を記す*1

 

1日目

羽田空港から香港国際空港へ 

f:id:west_jo:20170707231513j:image

羽田空港の出国ターミナル。天気が良い。 

 

香港上空の天候が悪く飛行機がとても揺れた。急上昇には耐えられるが急降下はお腹がヒュンとして耐え難い。何回か離陸を試みた後に無事着陸。機長サンキュー。

香港での移動はMTR(香港の電車)が頻繁に来るし易くてとても便利。八達通(オクトパス、香港のSuica)を買うとなお便利。街中のどこでも使えるし、余計な小銭がでない。空港のカウンターでオクトパスを入手し、MTRで香港駅まで移動。 

f:id:west_jo:20170707232103j:image

オクトパス。 

 

香港駅に着き、街を散策。この時期の香港はめちゃくちゃ湿度が高く、歩くだけでツライ。街の真ん中の普通の道端でレジャーシートを敷いて宴会してる女性が沢山いた。20グループくらいおり、何をしてるのか謎だった。少し歩くとフェリー乗り場に着いた。スターフェリーと言って、対岸の尖沙咀(チムサーチョイ)に渡ることができる。 

f:id:west_jo:20170708225624j:image

香港のApple Store。人が多い。

 

f:id:west_jo:20170707233242j:image

フェリー乗り場にあった自販機。ヤクルト、ハンドスピナー、コンドームが売られている。

 

尖沙咀駅からMTRに乗り、学会会場の香港中文大学がある大學駅まで移動。日本の電車内とは違い、香港MTRの車内はにぎやか。大きな声で電話している人、ビデオ通話する人、イヤホンせず動画を見る人がたくさん。

宿泊は大学内の合宿部屋みたいな施設で。冷房の効きがとてもよい。WiFiの電波もよく、そこそこ快適に過ごすことができた。 

 

2日目

昼ごはんを食べに、旺角(モンコック)へ。有名らしいロンドンレストランに。びっくりしたのが、レストランのフロアがとてもでかい、サッカーコート1面分くらいあると思う。ほぼ満員なので、味も期待できる。1番奥の席に案内されると、店員のおばちゃんが気さくに話しかけてきた。中国語に圧倒されながらもおばちゃんのオススメメニューを注文。蝦餃子が皮がプルプルで美味しかった。お腹いっぱい食べて、1人2000円くらい。

f:id:west_jo:20170707234914j:image

ロンドンレストランの焼売、小籠包、蝦餃子。赤い液体はお酢。 

 

お昼ごはんの後は旺角の街を散策。露店が多く並ぶ女人街(レディースマーケット)へ。雑貨、服、カバンなどのを扱う店が多い。予想と違い客引きは全然なく、店員は死んだ目でスマホをイジっていた。蒸し暑いからしょうがない。

f:id:west_jo:20170708000153j:image

レディースマーケット。 

 

香港の建物は基本、高層ビル。人口密度が高いこと、地震が少ないことが理由らしい。香港の九龍エリアの建物は外壁がボロいものよく目に入った。内壁はリフォームしているらしく、案外汚いビルは少ない。

f:id:west_jo:20170708214537j:image

 ボロいビルがいい味出している。

 

3日目

モナコ、長崎と並んで世界新三大夜景と評される香港の夜景を見に行った。香港島の山のあるエリザベスピークから見る夜景が特には素晴らしいらしい。エリザベスピークまではトラムで向う。トラム乗り場には人が多く、カップル、観光客、家族連れなど、みんな夜景を期待してる雰囲気溢れていた。テーマパークのアトラクションに並んだ様な気分だった。トラムに立って乗ると踏ん張るのが辛い急斜面を10分ほど登るとビクトリアピークに到着した。山頂には商業施設あり、屋上が展望台がある。入場料をケチって無料の展望台から夜景をみた。天気が不安だったが、運良く晴れていて綺麗な香港夜景を楽しむことができた。ただ、無料の展望台は高さが低く、ケチらずに屋上の展望台から見ればよかったと少し後悔した。

f:id:west_jo:20170708220556j:image

香港夜景。

 

下りのトラムは上りのトラムよりも行列が長く、60分ほど並んでようやくトラムに乗ることができた。

尖沙咀に移動し、 香港のディープな面である香港大廈B座を見学した。ここには日本の男が多く集まっていた。見学するだけ楽しみ、何もせず帰った。異様な空間を味わえた。

 

4日目

疲れたので、遠出はしなかったが、大學駅にあるファストフード店に行った。メニューは中華料理のどんぶりや焼きそばなど。まあまあのお味。

f:id:west_jo:20170708230422j:image

鶏肉と厚揚げのXO醬丼。盛り付けは雑。

 

5日目

この日は太古へ。太古までは金鐘から2階建トラムで、夜の街並みを見ながらのんびり向かった。そごう、吉野家、元気寿司など、日本の店をいくつか見つけることができた。太古に着くと、イオンがあった。日本のスーパーのイオンがあった。中に入って品揃え見ると日本の野菜調味料が多くあり、日本と変わらなかった。いいぞ、イオン。

f:id:west_jo:20170708225738j:image

イオン。

 

イオンを出て、益發大廈に向う。益發大廈は密集住宅で3方向を巨大なマンションの壁に囲まれたスポット。この様子は日本では見たことない光景で、巨大人工物と生活感の混じった雰囲気を体感。

f:id:west_jo:20170708223930j:image

圧迫感が凄い益發大廈。

 

近くの公園に行くと、平日夜9時にもかかわらず地元民がたくさんいて、サッカー、テニス、バスケ、ジョギングをしていた。夜じゃないと暑くて運動できないのかも。公園を抜けると海沿い出て対岸の綺麗な夜景を見ながら散歩して、北角まで行きMTRで宿泊所まで帰った。

 

6日目

朝早く起き、蝦ワンタン麺を食べて、飛行機で日本に帰国。

f:id:west_jo:20170708224915j:image

蝦ワンタン麺。麺はワシワシする細麺。スープは魚介の旨味が濃ゆい。エビは大きくてプリプリ。

 

旅行記は以上。自由時間が割とあったから、いろいろな香港を楽しむことができた。

*1:観光についてしか書いてないけど、学会もちゃんと全部参加したよ。